こちらの作品の作者様を探しています。


平成10年頃に『雅流組紐作品展』に出品した作品が、誤って返ってきたという方からお預かりしております。
『応用作品』の部門に出品された作品で、百人一首/伊勢大輔(61番) 詞花集・29の歌と共に、十二単を纏った女性が描かれています。
女性のきものや歌の字も組紐で作られた、緻密で美しく、手間と時間が掛かった作品ですので、作者様のお手元に無事届けられればと思います。
平成23年の東日本大震災以降、この作品展は開催されておらず、また主催者様の移転に伴い当時の記録も無い状態ですので、こちらから作者様を探すことが困難となっております。お心当たりがございましたら、下記の宛先までご連絡くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

0120−00−8155  京都きもの学院 中国本校まで

出品作品